読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

簡単な自己紹介からはじめます。よろしくお願いします。

大学は量子力学の初歩を学びました。バークレイの量子力学を読みましたが、内容が難しくて、読めば読むほど沢山疑問が湧いて来たように感じました。特に、こだわったのは、四元数でした。どうしてこのような不思議な数が出てくるのか?そして量子力学でどのように使われているのか?ところが、今見返して見ると、どこにも四元数を見つける事ができないのです。私の思い違いでしょうか?今見返すと、大切な内容を手短にすっきり分かりやすくと紹介してあり、次のより深い理解を知ろうとする意欲を湧き上げさせる名著です。どうしてこんなに良い本を売ろうとしたのか?時期が過ぎるとこんなにも感覚が変わるのでしょうか?

 

バークレイは、次のより深い理解を得るための参考書です。

時間を空けて本を読むと分からなかったところが、氷が解けるように

分かる時があります。これが、数学・物理に携わる喜びのひとつです。